「夏の恵方巻き」 コンビニ各社が商戦に乗り出す、定着できるか? 8月6日「夏の節分」に向け

最新ニュース記事 , 2017年7月24日

1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/07/23(日) 11:40:21.51 ID:CAP_USER9
12017年8月6日の「夏の節分」(立秋)に向け、大手コンビニ各社が「夏の恵方巻き」商戦に乗り出している。来店客の消費喚起が主な狙いだが、一部チェーンでは、メインとなる2月の恵方巻きに商戦に向けた「事前準備」の意図もあるという。

各社が様々な意図のもとキャンペーンを展開する「夏の恵方巻き」だが、はたして消費者には受け入れられているのだろうか。J-CASTニュースが、コンビニ大手3社の広報担当者に話を聞くと...。

コンビニ大手3社(セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン)の中で、いち早く「夏の恵方巻き」商戦に乗り出したのはファミリーマートだ。同社は2011年の「冬の節分」で特に人気が高かった2商品を、夏にも予約販売限定で展開していた。

ファミマの広報担当者は17年7月19日のJ-CASTニュースの取材に、「(夏の恵方巻きキャンペーンの)実施はまちまちで、昨16年は展開をしなかった」と説明。ただ、今年は「土用の丑の日」と併せてキャンペーンを展開し、予約販売を中心に計4商品を売り出す。

展開の狙いについては、「もちろん、お客様の需要に応える部分は強い」としつつ、「2月のメイン商戦に向けて、販売動向や反響を事前に調べ、商品のブラッシュアップを図る意図もあります」とも話した。ただ今年は、夏の『スタミナ料理』需用を狙って、牛肉を巻いた恵方巻きを用意したという。

ローソンは2013年の夏からキャンペーンを展開している。同社では15年頃から、夏だけではなく、「春」(5月)と「秋」(11月)の節分にも恵方巻きを販売。

同社広報担当者にキャンペーンの意図を聞くと、「恵方巻き自体の認知度が向上していることから、お客様が季節を感じられる商品として、一年に4回ローソンの店舗で提供しています」としていた。

2013年から「夏の恵方巻き」に乗り出したセブン-イレブンは今年、「ご存じですか?8月6日の節分」をキャッチコピーに計8商品を売り出す。広報担当者は、「年に四度ある『節分』に何らかのイベント性を出せればと考えています。一つの消費のきっかけとして提供しているのは当然ですが、お客様側から『年に一度では物足りない』といった声を頂いているのも、夏に恵方巻きを販売する理由になります」と説明する。キャンペーン自体の認知度については、「徐々に上がってきている印象」としていた。

https://www.j-cast.com/2017/07/23303798.html?p=all
続きを読む

取得元:You Tubehttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1933587.html



おすすめ記事