【悲報】メンタリストDaigoの現在・・・

最新ニュース記事 , 2018年5月14日

1 風吹けば名無し:2018/05/14(月) 09:26:45.00 ID:gICPzwZx0.net
胡散臭い事始めてて草

Twitterとか胡散臭いプロもリツィートとかしとるし

873a85f5de422787b17fa999de0e3b10.png


DaiGo(ダイゴ、1986年11月22日 - )は、日本のパフォーマー、作家。静岡県出身。

私立高輪高等学校、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退。ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。新潟リハビリテーション大学特任教授。東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」の元代表・松丸亮吾は実弟。身長173cm。血液型はB型。

download.jpg

幼少時は8年間に渡りいじめを受けていたが、突発的に工作室に落ちていたナタを投げてから周囲の反応が一変し、それがきっかけで自分の行動一つで世界は簡単に変えられると考えるようになったという。いじめという経験があったからこそ、今の自分が存在しているとし、いじめていた者に感謝しているといった皮肉を、度々語っている。

高校時代、東京大学を第1志望としており、東京大学以外は大学とは認めていなかったほど執着していた。だが、センター試験での選択科目のマークミスにより進学の道が閉ざされ慶應大学に進学してから、様々な出会いを通じて、考えを改めたという。

大学では、人の心を作ることに興味を持ち、人工知能記憶材料系マテリアルサイエンスを専攻。大学在学中にイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンのパフォーマンスに影響を受け、人間心理を読み、誘導する技術(曰く「メンタリズム」)を学び始める。その後、大学院を中退し、会社を立ち上げ、現在の活動に至る。人生の最終目的を「自身の知識の最大化」としており、そのため読書費用に月100万円以上かけているという。祖父と母親が読書家で子供の頃から文学書や哲学書に囲まれて育った。テレビ出演のプレッシャーからメンタルがボロボロになり引退宣言をしたときに本当に人生をかけて成し遂げたいことはなんだろうと自問した結果、読書をしているときがもっとも幸せを感じることを初めて発見した。

DaiGo - Wikipedia

2 風吹けば名無し:2018/05/14(月) 09:27:35.01 ID:DGZ/fGFOp.net
もともと胡散臭さ全開だったやろ
顔の下半分だけで笑うの怖い


3 風吹けば名無し:2018/05/14(月) 09:28:25.92 ID:gICPzwZx0.net
>>2
でも若い連中はこいつを信じ取るんやぞ


取得元:You Tubehttp://kanasoku.info/articles/109066.html



おすすめ記事