【異常熱波】メキシコで最高気温「48℃」にまで達する…信号機すら溶ける事態に、保護局が緊急事態を宣言

最新ニュース記事 , 2018年6月7日

screenshot-02-48-23-1528307303000-000.jpg
facebookより

 この熱帯低気圧を引き起こしたのは、先月下旬から10日近く続いた異常な猛暑。同国気象サービス(SMN)によると、チワワ州で最高気温48℃、コアウイラ州やイダルゴ州で47℃に達するなど、北部を中心に広い範囲で45℃以上の高温を観測し、5月の気温としては、過去50年間で最高記録を更新した。

信号が溶ける!メキシコで異常熱波「気温50℃」緊急事態宣言 | ハザードラボ

12:名無しさん@涙目です。:2018/06/06(水) 18:20:49.71 ID:a1fIngOw0.net
50度で溶けるもんなのか?
93:名無しさん@涙目です。:2018/06/06(水) 19:24:51.76 ID:GvU8HGs2O.net
>>12
気温が50だと、直射日光を受けた物体が蓄える熱量を考えるると

目玉焼きができるレベルだから

粗悪な樹脂パーツなんかからトロトロになって変形しちゃうんじゃないかな
16:名無しさん@涙目です。:2018/06/06(水) 18:22:53.15 ID:IaaBWH090.net
>>12
日本のたかだか気温35度程度でもコンクリは灼熱だろ
50度なんて想像もつかんわ

取得元:You Tubehttp://jishin-yogen.com/blog-entry-11810.html



おすすめ記事