【ロシア】カムチャツカ半島にあるシベルチ火山とクリュチェフスキー火山が噴火…12000メートルの噴煙を上げる

最新ニュース記事 , 2017年7月25日

ロシア極東カムチャツカ半島にあるシベルチ火山で24日、成層圏である上空1万2000メートルに達する噴煙が観測された。ロシア非常事態省カムチャッカ支部が発表した。

同局は「24日朝、シベルチ火山から火山灰が噴出したことを確認した。噴煙は1万2千メートルに達した。火山の高さは海抜3283メートルだ」と発表した。火山灰は、火山から東・北東方向へ205キロに広がっているという。

Sputnik
全文はこちら

ロシア極東カムチャツカ半島にあるクリュチェフスキー火山が、5500メートルもの噴煙を噴き上げた。ロシア非常事態省カムチャッカ支部が発表した。

発表にによれば24日、クリュチェフスキー火山で火山灰の強い噴出が確認さえた。KVERTのデーターによれば噴煙の高さは5500メートル。噴煙は火山の東45キロに広がっている。

sputniknews
全文はこちら


2:名無しさん@1周年:2017/07/24(月) 14:48:22.21 ID:G5QBO9PC0.net
なんか「日本沈没」を読んだ時を思い出すな
3:名無しさん@1周年:2017/07/24(月) 14:49:22.26 ID:P/yq08rS0.net
北海道どうなるの?
63:名無しさん@1周年:2017/07/24(月) 17:58:59.00 ID:U/tfELPP0.net
>>3
千島列島出噴火した後、
大雪山系に九州を被せたイメージで
十勝岳から有珠山、樽前山ぐらいの
距離偏差で噴火する。
現実的な噴火の距離偏差は阿蘇山から桜島の距離偏差の範囲内外で起こる。
時間はかなり掛かる。
^ ^
15:名無しさん@1周年:2017/07/24(月) 14:53:21.92 ID:zVspCWFi0.net
この間地震もあったし
シベリア、アラスカって地面の中は結構荒れてるんだな

取得元:You Tubehttp://jishin-yogen.com/blog-entry-10461.html



おすすめ記事